small

 
O2はコンサルティングをしています。その一方で、モノも作っています。狙いの一つは、自らが試し、その上で具体的な課題と解決方法を知ること。つまり 「自らの手による実験」 です。モノづくりを知らずに製造業に助言はできません。そして、知識だけでは本質的な助言にならない。であれば、コンサルテーションを行いながら、モノづくりも実施してみよう。そうすることで、仮説立案力が磨かれ説得力も増します。工場に出て、小さいながらも組織の長として現場を取り仕切ってみれば、コンサルタントとしての器も大きくなります。

 

 

もう一つの狙いは、世界で戦える中小企業のお手本を自らの手で作ってみたいということ。日本の中小企業の活性化は社会的課題です。O2は「あるべき姿を描きましょう」と提案するだけでなく、「下請け体質から脱するべく事業モデルはこれです!」とグループ企業でモデル化したリアルなケーススタディーを提示します。

 

 

モノを作る事でしか生み出されない価値があります。モノを作ることで育まれる精神があります。広義の意味で、製造業は日本文化の一翼を担う伝統技能だと思います。この技術とそこに息吹く尊さを次の世代にしっかりと伝えてゆきたいです。

 

 

製造業はサービス業化していきます。サービス業は製造業化してゆきます。それは、単に変わりゆくのではなく、自分達らしさを維持しながら変化することが進化であり真の競争力に成り得ます。O2自身、製造業のノウハウをコンサルティングサービスとして事業化している点で、製造業のサービス業化を「自らの手で実験中」です。

 

 

自らが「小さな製造業」になることで、この国に新しい製造業の姿を描き、新しい「流れ」を創り出します。従来と異なる人や仕事やお金の流れの出現が、新たな価値創出の源になるでしょう。その意味で、「小さな製造業」は製造業の抱える社会課題解決の実験室でもあります。